最近知った個人輸入!俺が海外医薬品に夢中な訳

海外医薬品の個人輸入について

海外医薬品は日本国内の法律である薬事法の法律に基づいて安全性やら品質が認可されているとの承認を受ける必要があり、その為に個人輸入した医薬品は例え副作用が出たや自分の身体には合わなかった等の言い訳は通用せず、全て自己責任での購入となります。
これらを踏まえて輸入した医薬品の場合は自己使用であっても許可が必要なケースがあり、例えば明らかに個人での使用する数量が多い場合は地方厚生局への書類が求められます。
そもそも自己使用であれば原則だと営業目的の輸入ではない証明が判明すれば税関の確認のみで輸入は可能となっております。
しかし、国内の医師から処方してもらうよりも安く手に入る事から今では通販からの購入者が増加しており、個人輸入という名も一般的に広く伝わるようになりました。
海外医薬品の中でも今大注目されているのがジェネリック薬品なのではないでしょうか。
簡単に説明すると先発薬との違いはほぼ無くて有効成分と効き目又は安全性は同じです。
違う点を上げるとするならば錠剤の形状や味、飲みやすさを改良されている事があります。
実は日本でのジェネリック医薬品使用率は年々伸びてるのですが、14年では半分の5割程度しか愛用者がおらず世界的に比べてみると低い数値ですので現在日本では国が動いて推進していて今後使用者はさらに増えてシェア率が拡大していくと予想されています。
個人輸入で手に入る海外医薬品は日本の国内で認可が下されていないものも多く存在しており、日本人の体格には合わない容量も普通に購入出来ます特にED治療薬系を使用する際は、必ず用量を少なく使用しカマグラだと50mgに変更しても満足な効果が得られなかった等の場合に100mgへ変更して順番を追って使ってみるのがカラダにとっても良いでしょう。
最後に日本でもバイアグラのジェネリック薬は発売されてるのですが、値段が高く設定されてるため値段的にはカマグラがお勧めであり経済的にも助かる事と思います。

海外医薬品のジェネリックをお探しの方はこちらへ